亀戸香取神社本社

 

王子神社 町会連合

 

江東区大島 愛宕神社神社大島一丁目

 

江東区亀戸香取神社亀戸七丁目北町会

 

上田端八幡神社

 

 

2008

 8月10日(日)

亀戸香取神社本社 (4年に1回) 
通称「こんにゃく神輿」 この神輿は何回みたのか忘れたが、今回は宮出し後にトラックで氏子巡行、その後に末社大島の亀出神社から出て宮入りすると聞いていた。
早朝6:00過ぎから神事が始まり、今回は比較的短く6:25前に終了し、スグに宮出し渡御に入った。この時間だというのに境内は大勢の担ぎ手で一杯で今まで見た中では一番の人出ではないだろうか。境内から参道からの鳥居、そして参道入り口鳥居まで約一時間ちかくかかって到着し、トラックに乗せ、町内巡行に出て行った。担ぎ手のワッペンを1200枚用意したそうだが、そう揉め事もなく、宮出しは終了した。
瓔珞をつけて担いでいたので、こんにゃく神輿というのに、そんなに揺れないナアとも思ったが、多くの人は揺れていたといっていた。
13:00亀出神社と言うことだったが、亀出東部町会ポスターには都営新宿線大島駅から担ぐと描いてあったので、大島駅にて待つことにした。巡行の神輿を載せて一旦亀出神社前で待機していた神輿を載せたトラックが大島駅近くに到着したのが12:50頃で、13:00にはスグに担ぎ出した。新大橋通りの下り二車線を使っての渡御で、担ぎ手の多いせいもあって、こんにゃく胴体がよく揺れる。昔はギィーギィー音がしてもっと揺れていた気がしたが、それでも瓔珞をはずしているので、揺れる様が良く分かる。終始観客数は同じようで、見物人なのに神輿と一緒についていく人が多い。
ともかく、小生は五ノ橋付近で撮影終了。オリンピックイヤーに渡御されるこんにゃく神輿もいつまで観にいけるのだろうかと思う。

王子神社 町会連合出発 
JR王子駅から5分 王子神社町会連合宮出しに行く。8:00から神事で、8:25から出発だ。思いのほか撮影各氏は少ない。神輿的には3基ほど大きい良い神輿があって、目を引く。
大きな鳥居の中で接近して撮影を敢行したが、結果オーライだろう。脚立があれば正面大鳥居からの宮出しが景色的には良いだろう。出発のセレモニーも含めて全部の町会が元気が良い。
こうした撮影はどこに立ってどう撮ろうか考えることで決まるだろうが、王子は鳥居も大きいし、背景も良いがこれと言って珍しい神輿が有るわけではないようだ。ここ中では王子壱が一番の古いき神輿のようだ。

江東区大島 愛宕神社神社大島一丁目神輿
神輿は、日曜日に担ぐ。愛宕神社(大島二丁目)は今年も神輿が出ない。

江東区亀戸香取神社亀戸七丁目北町会神輿 
9:00-14:00と聞いた。1年に4回で一応押さえておきたかった。台輪91センチの堂々たる大神輿である。
神酒所は、京葉道路を亀戸から行って、左折し、亀戸7丁目交叉点をまだ真っ直ぐ行き、7丁目商店街アーケードを入ってすぐ左にある。

上田端八幡神社本社 
隔年の渡御だが、個人的には久々に行ったような気がする。JR駒込駅田端方面出口から10分くらいのところで、JR田端駅にも15分くらいだろう。
閑静なところに位置している神社で、15:10から神事が始まり、15:30ころ終了して16:00少し前に宮出しとなった。今回は写真仲間は3人しか見かけなかった。
正面鳥居を出て、神社脇の坂を上っていくコースで、私はいつも坂の途中まで終了する。今回も同様で、そのまま今日の予定を終了した。
(斎藤力・さいとう つとむ)
 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部  TEL&FAX. 03-5494-1625    All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008
 

OCT.2008