代々木八幡神社

 

三宿神社

 

成子天神社連合渡御

 

永福稲荷神社

 

2008

 9月23日(火)

代々木八幡神社本社神輿 
隔年の渡御に替えてから2回目の今回は、9時に宮出しし、代々木各町と初台方面を回って、宮入りするコースとなった。9時宮出しの時には、私が承知している限り、初めて神輿が神社社殿前から鳳凰をこちらに向けて置かれ、出輿されたので、初めて社殿を背景にこの宮神輿を撮影できて、良かった。その後参宮橋駅付近から西参道方面に向かうところまで撮影し、一旦離れた。どの方向の町会をまわることになっているのかは、神社ポスターに詳しい。
16時に宮入りと聞いていたので、15時すぎに再度神社に戻ったが、一寸遅れているようで、神富会・西原敬神睦・富ヶ谷仲町睦・上原駅前町会の4基を宮入り後の戻り道で撮影できた。本社神輿は16時すぎに初台方面から環状6号線に勇姿を現し、一呼吸の休憩後に環状6号線に面した大鳥居から宮入りした。口で言うとこの通りだが、大鳥居からは急な階段とさらに露天商が軒を並べているので、この間を宮入りしてくるのは大変だ。因みに神富会・西原敬神睦という本社神輿に引けをとらない台輪の大神輿も今年は大鳥居から階段を上るルートで宮入りしたとのことである。
なお、正確ではないかも知れないが、代々木八幡神社には木遣りの勉強と伝承の会が有って宮出しや宮入りの折にはひときわ通る多人数の美声で雰囲気を盛り上げているのは、頼もしいかぎりである。

三宿神社本社神輿 
毎年9月23日12時半に宮出しするお宮さんで、世田谷区の三宿に鎮座している。社地は森の中の広大な神社で階段上に社殿があり、そこで神事が行われた後に、少人数のヨイトで一・二の鳥居とも出てきて、道路脇に神輿を置いてから宮出しとなる。ここでの特筆ものは、お子さんの人数の多いことであろう。

成子天神社本祭 
4年に一度の本祭として、新宿は青梅街道の成子坂に鎮座する成子天神社の3町会(睦・講)の神輿が連合渡御されるのが通例で、今年はオークタワー付近から連合を開始したようだ。ここ続けて諸事情があってと聞いたが、坂下神撰講の大神輿は参加していないので天神社境内地に神酒所のある上町(成上)と柏木公園に神酒所のある仲下睦の2基の大神輿と上町の中神輿(女性)の連合だった。上町は普通の江戸担ぎ、仲下睦は、千鳥担ぎだった。

永福稲荷神社本社神輿 
杉並区永福町に鎮座する永福稲荷神社も三宿神社と同様に毎年9月23日13時に宮出しするお宮さんである。以前は境内で肩を入れて揉んでからの宮出しだったが、最近はヨイトで神社前の通りに出して、頭連による木遣りの後に出発する。
久々に宮入りも見たくて18時半に再び境内にて待っていたが時間通りの宮入りとなった。
こちらのお宮は井の頭線永福町駅から10分ほどで、神輿は浅井師による渾身のもので、アクロス社の神輿図鑑4に森田氏が解説しておられる。
(斎藤力・さいとう つとむ)
 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部  TEL&FAX. 03-5494-1625    All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008
 

OCT.2008