茨城県稲敷市阿波 大杉神社

 

 
 

2008

10月25日(土)

茨城県稲敷市阿波 大杉神社 
毎年第四土日に行われる神幸祭 土曜日の14時に宮出しで、30分ほど練り歩いて近くのお仮屋「行宮」に納める。翌日の日曜日12時に出発し神社前を通り、坂を下り、ご神木のあるところへ行ってから戻るそうである。今日は行宮に神輿を納めた後、正面にしつらえられた舞台で巫女さんによって「舞」が奉納された。
神輿は神社横の階段上にある神輿庫に入っており、そこから二天棒で16人の黄丁によって担がれる。勿論揉んだりの所作は無く、ひたすら神輿を行列に合わせて巡行する。
宮司さんに事前に伺ったところでは、当然神幸行列の主役は神輿だとのことである。猿田彦の他に四神旗、獅子頭を中学生位の若い人が正装で2頭(あおりながら)、それに小学校一年生のお稚児さん、巫女さんが神幸行列に加わる。神輿自体は平屋台の古いものだが、2〜3年前に修復したので綺麗である。台輪は3.8尺だった。
神社は最寄の交通機関がないので、JR成田線の下総神崎駅が至近だが、それでも7〜8kmはあるだろう。
(斎藤力・さいとう つとむ)

 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008