千葉県八街市 八街神社本社

 

 

 

 

埼玉県飯能市 飯能まつり

 

2008

11月2日(日)

千葉県八街市 八街(やちまた)神社本社
 「八街秋まつり」として、11月1.2.3日に祭りが行われる。初日は17時に神社で本社神輿に御霊が移され、すぐに年番区(今年は四区)の神社に運ばれて鎮座されると宮司さんに伺った。そして、2日には区ごとに祭礼が行われ翌3日には各区連合で13時から市役所前に山車と神輿が集合し、踊りと山車の競演になるそうである。本日は年番区の四区から神社の本社神輿が出輿するとネットで確認できたので、四区の神社に行ってみた。駅からは15分ほどで、千葉街道に面していた。毎年当番区から出るので確認が必要だ。今回は9時の宮出しだった。神輿は台輪61センチ。千葉の神輿にはお囃子と踊りがつきものだが、今回の撮影中には休憩所でも踊りを行わず、見られなかった。踊り手は山車に付いて廻っているので、どこかでは踊るのだろうが、それだけは残念だった。
神輿は江戸前の担ぎ方で、戦後の神輿(多分南部屋?)だと思う。


埼玉県飯能市 飯能まつり
一昨年見られなかった「太鼓神輿」も見たくて行ってみた。
飯能まつりは山車の競演が売り物だが、人形山車が二台あるようで一つは江戸天下祭にきた神武天皇の山車だ。14時ころに旧街道で山車11台の競演がある。今年から さらに1台増えたそうだ。競演は30分ほどで終わり、山車は旧道をぐるぐる巡回する山車と休憩に入る山車に分かれる。18時少し前に東町交叉点では山車が集結してきて今回は6台が並んだ。前に戻り17時には飯能駅近くから太鼓神輿が出発しており、山車の集合地点に来ると各山車に全て白狐が構えており、神輿が山車に近寄ると糸を放つ。これが綺麗に決まるとくもの巣状に広がるので観客から万来の拍手が挙がる。最後に全部の山車から一斉にくもの巣が撒かれ、一服の絵だが、写真を撮りそこなった。無念!
さて、太鼓神輿だが、大きい太鼓に担ぎ棒多数といった感じで、面白い。絵にはなると思った。太鼓神輿は違う方面に更に巡行するそうだ。
(斎藤力・さいとう つとむ)

 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008