秩父夜祭宵宮

 

 
 

2008

12月2日(火)

秩父夜祭宵宮
秩父夜祭に初めて出かけてみた。写真などを見ていると、一寸勇気が要りそうなので比較的好いているといわれる2日の宵宮の方で様子見を兼ねている。今日は屋台6台の内の3台が出るそうで、更にもう一台で歌舞伎上演と言うので、それも見てみたかった。神社には神輿(4尺くらい)がテントに飾られていた。12月3日の18時すぎに神幸祭行列の主役として神社を出発するそうだ。有名な屋台や鉾の巡行は、その付け祭りとして神幸祭出発後に神社を出発するそうだ。立派な神輿だから撮影意欲は大いに湧いたが、来年に考えようとも思った。
さて、宵宮での屋台歌舞伎は当番町会が担当するということなので、当番町会(宮地)の地元神社境内で12:00からだった。秩父神社からは歩20分かかった。最初に大人の歌舞伎(三人吉三)40分、次に小学生の白波五人男15分だ。会場が遠いせいもあろうが、思ったほどの見物人はいないが、地元の人の話だと明日は神社境内なので、とても混雑して見るのが大変だそうだ。今日撮影できて良かった。神社方面に戻り、上町、本町、下町の3町会の屋台を撮影した。いずれも神社近くの通りを行き来するので、撮影は比較的楽だった。屋台は他所のものに比して正面横幅が大きいのと、彫刻が素晴らしい。だが、単調なので意外に早く飽きてしまった。大体15:30くらいまで牽引して、一旦終了。夜の準備にとりかかり、18:00から夜の巡行となる。この辺りになると見物人もそこそこ増えて、撮影は楽でもなくなった。個人的には夜よりも昼間の方が綺麗に感じた。19時からは羊山公園で花火が上がるが、屋台と一緒には撮れない。翌日3日は今日の3倍以上の人が見込まれるので動きがとれないだろう。西武秩父駅に戻るのも交通規制(人の)で難しいらしい。一寸二の足を踏んでしまう。
(斎藤力・さいとう つとむ)

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008