静岡県熱海市来宮/来宮神社

 

埼玉県桶川市/祇園祭

 

 

 

 

2009

7月15日(水)

静岡県熱海市来宮/来宮神社
(しずおかけんあたみしきのみや/きのみやじんじゃ)
来宮神社の例大祭は7月15、16日の定日で、15日は宮神輿が渡御、16日は宝簾が海中禊ぎ(みそぎ)をする神幸祭となっており、両日とも熱海市内では山車が曳行されるそうである。
神社は伊豆急行が乗り入れるJR来宮駅から5分ほどのところに鎮座している。9時少し前から神事が行われ、宮出しは本日は9時15分だった。神輿は「宮神輿保存会」面々によって担がれ、社殿前を一周して階段、下り坂を降ろしてきて鳥居をくぐり、すぐにJR線路下のトンネルを出て、大通りで一旦降ろした。その後、担ぎ手も多くなり、来宮の町中すなわち海岸線に向かって坂を下ろしていく。不精な私は帰りに坂を上るのがイヤなので、坂の途中で撮影を中止してしまった。強風・快晴なので、初島が綺麗だ。肝心の神輿だが、関西風の宮神輿で、金延べ板に紋を打ち出したスタイルの神輿だ。台輪は99センチだから3.3尺だ。総代のお一人に伺うと神輿の製作年代は昭和の10年代ではなかろうか?とのことではあった。明日の神幸祭で海浜に禊ぎでくりこむ宝簾の方は江戸時代の作で暫くはこれだけを担いでいたらしい。宮神輿保存会が出来て、神輿のほうも担ぐようになったが、それでも10数年だそうだ。

埼玉県桶川市/祇園祭
(さいたまけんおけがわし/ぎおんさい)
埼玉県桶川市の祇園祭に行ってみた。会場はJR高崎線桶川駅から100メートルくらい先の大通りを使用して、神輿と山車が競演するもので、毎年7月15日と16日に行われている。4町会あって、山車3基と神輿4基が有るようで、日によって出演する種類が若干異なるようである。今日は17時40分に大通り交叉点で山車3台が競演を行い、神輿は違う場所で連合渡御らしい。神輿は集合場所に移動する途中で見ることが出来たが、小川政次作2基、上州神輿1基、不明1基でいずれも台輪は2尺−2.5尺くらいだった。山車のほうは、屋台上での子供によるお囃子の競演が主たる目的のようで、それぞれに違うスタイルで、一生懸命演じていた。
(斎藤力・さいとう つとむ)  

 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008