群馬県藤岡市藤岡/富士浅間神社

 

 

 

 

 

 

2009

7月18日(土)

群馬県藤岡市藤岡/富士浅間神社
(ぐんまけんふじおかしふじおか/ふじせんげんじんじゃ)
東京新聞(名古屋の中日新聞の東京版)で祭礼告知を見て、急に行ってみた。暇なのでこうしたことが可能だが、それにしても場当たり的な感じは自分でもいがめない。
JR八高線の群馬藤岡駅前の大通りから100メートルほどで交差する大通りがある。その通りを左に200メートルほど行くとまた大通りと交差する。この大通りが「藤岡まつり」の会場で今年で実に51回目だそうだ。この藤岡まつりで担がれるのが富士浅間神社宮神輿だ。藤岡には他に諏訪神社があって、諏訪神社の神輿も出輿することがあるらしいが、今回は出ない。藤岡まつりはこの時期の土日に行われるが、神輿関係は土曜日、日曜日には山車(屋台)がメーンのようで、パレードのような形をとるようだ。
さて、富士浅間神社の宮神輿が大通りから向かってくるのを遠くから一見した印象は、ハッキリ言って手作り神輿だと思ったような簡素な神輿だ。祭り会場でのアナウンスによれば、神輿を修復した時に書かれていた札書によると「創建は安永3年(1774)」「地元宮大工飯塚作」とのことで、ことしで235年だそうだ。見た目では分らないものだ。台輪124センチだから4.1尺だが、近くに寄っても屋根の真鍮葺きを除けば、金属系の飾りは無く、木製彩色の神輿だということ以外に特徴は少ないように思った。群馬県に神輿で足を踏み入れたのが初めてだから、他社の神輿もしらないし、これからの土地と神輿ということで今回は退散した。因みに群馬藤岡駅は八高線で高崎の二つ手前の駅である。
(斎藤力・さいとう つとむ)  

 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008