東京都品川区/鮫洲八幡神社

 

東京都江東区/深川神明宮

 
 

2009

平成21年 8月13日(木)

東京都品川区/鮫洲八幡神社
(とうきょうとしながわく/さめずはちまんじんじゃ)
東京都内唯一、早朝の3時から出輿するお宮さんである。1時すぎに祭礼を取り仕切る鮫洲の祭禮会の面々が境内に参集し、金曜日朝6時に社殿から出された台輪4.3尺の惣町大神輿の宮出し用担ぎ棒が手際良く結ばれる。ついで、2時15分からは笛と太鼓の大拍子が祭禮会メンバーによって交代で奏される。その後宮総代が参殿して、神事が行われ、境内の明かりを消して御霊入れが行われる。総代挨拶後、ただちに祭禮会メンバーによってヨイトで激しく揉みながら小さい鳥居をくぐり、旧東海道まで運ばれ、そこから大勢用の担ぎ棒に付け替えが行われ、渡御が旧東海道で行われる。スタートは午前3時少し過ぎの漆黒の中、赤い提灯をつけての相変らずの渡御となる。今回は次への予定があってお仮屋に納まる7時ころまでは見られなかったが、それでも帰る頃には太陽が昇っていた。

東京都江東区/深川神明宮
(とうきょうとこうとうく/ふかがわしんめいぐう)
7時前に鮫洲から着いて驚いたのは、神輿が境内の端っこに置かれていたこと。今まで7時などに着いたことはなかったから、てっきり大鳥居前で担ぎ棒を組むのだと思っていたが、7時になると宮元のメンバー中心で、肩を入れて大鳥居前に運んだことだ。正に宮出しそのもので、このシーンを撮影したら満足してしまった。7時50分から神事が始まり、終了後に宮出しで、今回も高森町会によって肩が入れられる。威勢よく出発して午前の部は森下五丁目→森下三丁目→森下四丁目→森下三丁目→森下二丁目と引き継がれ、11時50分ころに一旦お宮に戻ってきた。今日は私の撮影はここまでだ。こんなに長く深川神明宮の神輿についていったのは初めての経験だった。神輿は3年に一度の出輿、後藤直光作、黒い段葺き屋根・白木木彫胴の大神輿だ。
(斎藤力・さいとう つとむ)  

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008