愛知県幡豆一色町諏訪神社

 

 
 
 

2009

平成21年 8月26日(水)

大提灯祭り(おおちょうちんまつり)
愛知県幡豆一色町諏訪神社
神輿は無いし、それほど全国的には有名ではないが、最近写真を良く目にする「大提灯祭」というのに出かけてきた。愛知県幡豆郡一色町に有る諏訪神社の毎年恒例の諏訪神社祭礼だ。
神社に行くには、愛知県西尾市の西尾駅から、碧南市碧南駅から、吉良吉田駅から、のいずれも路線バスしかない。まあ一時間に3-4本はあるので、そう不便ではないが、何処からでも20-30分くらいで、一色町の大宝橋というバス停で降りれば、すぐだ。
26日より前に地元では提灯をぶら下げる木材の準備とかを1ケ月前から始めていて、当日早朝から提灯をぶら下げる場所に屋根をつけて、大提灯を下げることを行い、そして夕刻19:00にロウソクに灯を入れて、ともすところまでが26日だ。したがって物好きな小生としては朝の早い時間(8時前)から19:30までの12時間ここに居たことになる。提灯は6ツの町内会各2ケの計12張が吊り下げられることになる。提灯の最大のものは直径5メートル、高さ10メートルだから、正に百聞は一見にしかずのたとえどおり、見てみないことには、その大きさが実感できない。東京でいえば浅草の浅草寺に小舟町奉納の大提灯が下がっているが、あれの約2倍の大きさだ。でも、それだけのことでしかないのも事実で、地元の方以外の観光客といっても刈谷市とか近在の方が多いようだ。ただ、屋根を組み立て、提灯を吊る作業は機械を使わないで、全部地元の人の手仕事・力仕事だから、見ていては面白い。提灯は全て美濃の和紙だから、晴天の時にしか見ることが出来ないし、全て違う絵柄が極彩色で丁寧に書かれた精緻なものだった。
(斎藤力・さいとう つとむ)

 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008