神奈川県葉山町一色/森戸神社町会

 



 

 



 
 

2009

平成21年 9月8日(火)

神奈川県葉山町一色/森戸神社町会
(かながわけんはやままちいっしき/もりとじんじゃちょうかい)
9月7・8日と定日で行われる葉山町一色の森戸神社の町会神輿が出る祭礼に行ってみた。
今年のどこかの会社のテレビCMでここの神輿が出ていたので、見てみたいと思った次第。
5町会(町内会)有って、順次宮入りしてくるようだが、目にしたのは4町会で、その内1基は万灯神輿だ。私が見たかったのは真名間町内会の八ツ棟神輿で、浜に降りるということだったから、主にこの神輿に付いていった。神社は逗子駅からバスで15分くらい、(葉山一色方面)森戸神社で下車すればよく、目的の八ツ棟神輿もすぐ近くに神酒所がある。海岸に沿っているが、今日は台風の余波で波が少々高いようだ。早く着いてしまったので海岸線をブラブラしながら時間をつぶして、14時に神酒所から神輿が挙がるのを待った。沖合いに江ノ島が見える立地で、もっと近くの沖合いに鳥居と灯台が見えるが、この鳥居が森戸大明神だ。八ツ棟の町会神輿は、棒は横2本縦4本の見慣れたものだが、担ぎは「ドッコイ」である。甚句が終わると肩を入れたまま上下に三回揺すって神輿が降ろされるのが特徴だろうか。以下神酒所から浜降り終了までの道程を記してみる。
神酒所14時→第一休憩所→神社鳥居前→台車で長い参道を行く→社殿前で少し揉む→また台車で鳥居の外まで→肩を入れて「森戸海岸」到着15時30分。海岸には竹矢来がしつらえられていて、一旦降ろして浜降りの準備で殆どの担ぎ手がふんどしになって浜降りが始まるが、今日は波が荒いのでほんの膝まで入り、浜辺を左右に担ぐだけで10分ほどで終了した。インターネットに載っていたような海中で差し上げる所作は行われ無かった。最初は太陽が出ていたが、浜降りの時には雲に隠れて助かった。もし快晴のままならモロに逆光になって撮りにくいだろうと思う。一度見たいと思った神輿を見ることが出来て良かった。
(斎藤力・さいとう つとむ)

 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008