東京都墨田区向島/三囲神社本社神輿

 



東京都葛飾区新宿/日枝神社

 

東京都江戸川区船堀/日枝神社

 

東京都新宿区北新宿/鎧神社町会神輿連合渡御

 

東京都中野区上高田/氷川神社

 

2009

平成21年 9月13日(日)

東京都墨田区向島/三囲神社本社神輿
(とうきょうとすみだくむこうじま/みめぐりじんじゃ)
慶応年間作の神輿だが、6年ぶりに渡御された。今後は5年に一度の定期的渡御になるそうで次回は2014年だそうだ。渡御の際には晒しが巻かれるので、社殿に置かれ、昨晩19時に御霊入れが終わっている神輿を社殿から降し、担ぎ棒を取り付けるまでの間なら胴体が見られるので、鳶頭その他のメンバーが集合する7時前に待っていて、無事撮影できた。宮出しは神事8時、出発は8時50分と言われていたが、何やら早めに準備完了で
早くに出すかもしれないと待っていたが、やはり定刻になりそうなので、宮出しは諦めて葛飾区新宿の日枝神社に向かう。日枝神社の宮出しを撮影後、再び戻り、小梅町内を渡御
中の神輿を見つけて撮影した。この辺りは向島の風情がそこそこ残る地域だ。そして葛飾区新宿の日枝神社宮入り撮影後に私は三度目のお出まし?で宮入りを撮影した。宮出しを撮影した仲間の話だと宮出しは9時5分だそうで、宮入りは18時予定が18時45分だった。今回から境内地鳥居前から宮出し、宮入りが行われるので、初めて宮入り後に正式な形で御霊抜きが行われ、お御霊が社殿にお移りになるまでは境内は消灯された。宮入りは前回も見ていないので、今回は見ることが出来て幸いだった。なお、新塔である東京スカイツリーはかなりの高さまで伸びていて、記念に神輿を入れて撮影しておいた。

東京都葛飾区新宿/日枝神社
(とうきょうとかつしかくにいじゅく/ひえじんじゃ)
この神輿も実に7年ぶりの渡御で、社殿が新築された記念を兼ねての渡御でもある。ご神事は8時半から始まり、9時に宮出しされた。朱色の山王鳥居の前にテントが3ツ張られているので、山王鳥居を入れて撮影するのは難しく、かつ境内では揉んだりせずに割合早めに出たので、撮影は数カット撮れただけだった。次の予定があるので、途中で撮影を切り上げた。そして、幾つかの神輿を途中で見てきて再び宮入りに舞い戻った。サスガにこの時間(17時宮入り)だと、写真仲間も多くは無い。社殿に正対して担がれてきた神輿は予定の17時を過ぎて45分に宮入りとなった。久々だったし、今回は胴に晒しが巻かれていない状態での渡御だったので、撮影者全員予定外の笑顔で、特に金彫刻の胴体が写しこまれた写真は初めてであり、大変貴重な写真になったと言えよう。

東京都江戸川区船堀/日枝神社
(とうきょうとえどがわくふなぼり/ひえじんじゃ)
地下鉄都営新宿線の船堀駅から徒歩で10分くらいのところに日枝神社は鎮座しているが、余り知られてはいない神輿である。後藤直光作、台輪2尺の平凡な神輿だが、4年に一度の本祭りにしか担がれることは無い。以前、神輿探訪をしていて見つけた神輿だが、8年前にようやく一回撮影しただけだったので、今日もう一度行ってみた次第である。
細い担ぎ棒を台にしてかさ上げしたように担ぎ棒がついている特異な棒の組み方だが、この地域の神輿としては丁度相応しい大きさと姿だろう。

東京都新宿区北新宿/鎧神社町会神輿連合渡御
(とうきょうとしんじゅくくきたしんじゅく/よろいじんじゃちょうかいれんごうとぎょ)
JR総武線の大久保から東中野に向かう途中に車窓から社殿が見える鎧(よろい)神社には宮神輿こそないものの、町会神輿には9月11日に見に行った淀橋市場神輿を白眉として他にも良い神輿が多く、連合渡御は願ったり叶ったりの機会なので、今回初めて見にいってみた。6基の連合となり、定刻13時に青梅街道から一本入った道に集合した神輿は巴講睦神輿を先頭に連合を開始した。一番の目玉は先頭の巴講睦神輿で、台輪3.6尺大正11年製作、昭和26年修理と作人札裏面に記載されている。作人札の表面は新橋烏森神社大神輿の製作者「多し鉄」である。図抜けて大きい神輿なので、連合でもひときわ目立つし、大勢の担ぎ手の参加を得て8年ぶりの渡御とうかがった。その他にも浅子周慶作の神輿が2基、際立っていた。

東京都中野区上高田/氷川神社
(とうきょうとなかのくかみたかだ/ひかわじんじゃ)
この神輿も3年に一度の渡御で、2005年に初めての修理がなされている。後藤直光作の3.3尺台輪、屋根まで欅の総彫り神輿で、彫刻と総彫を合わせて、大きさも含め東京では5指に入る神輿かもしれない。9時丁度に宮出しされたそうである。神社は西武新宿線新井薬師駅から10分ほどの中野区立第5中学校の近くに鎮座し、神輿庫は鳥居のまん前にあるので、神社境内からの宮出しとはならない。
(斎藤力・さいとう つとむ)

 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008