東京都中野区松ヶ丘/北野神社

 

東京都新宿区百人町/皆中稲荷神社江戸鉄砲隊出陣

 

東京都世田谷区船橋/神明神社

 

2009

平成21年 9月27日(日)

東京都中野区松ヶ丘/北野神社
(とうきょうとなかのくまつがおか/きたのじんじゃ)
中野区の松ヶ丘は、昔私の子供の頃は「片山」と言っていた土地にあって、境内の奥の方が自然公園になっており、春にはヒョロヒョロと丈の大きい枝垂れ桜が咲くので中野区ではそれなりの場所である。そんな鎮守のたたずまいの北野神社の神輿は1.5尺宮本重義作のものである。制作年代などを地元の方に、同行だった森田裕三氏がうかがった話によりと昭和の30年代とのことで、戦前は黒漆塗りの神輿が有ったそうである。太鼓は昭和8年と彫られていた。隔年の渡御であるが、神輿のサイズに合わせて氏子地域も狭い片山町会一町一社である。私自身、家からは極く近いお宮さんであるが、宮出しに撮影参加したのは初めてだ。今までは9月の第二日曜だったから無理もない。結構な担ぎ手の数も確保できていて、11時宮出しで、宮入りは16時予定だそうである。

東京都新宿区百人町/皆中稲荷神社江戸鉄砲隊出陣
(とうきょうとしんじゅくくひゃくにんちょう/かいちゅういなりじんじゃ)
皆中稲荷神社には、宮神輿が有るが、今日は2年に一度新宿区の文化財である江戸鉄砲隊出陣という行事があるので初めて見学してきた。幕府守護の責を任されていた鉄砲隊が隊列(発射する武将姿は30名ほど)を組んで、場所場所で火縄銃を放つもので、火薬の爆発する発射音がすごい。勿論空砲なので、発射の際の音と煙がすごく、見る者を圧倒する。

東京都世田谷区船橋/神明神社
(とうきょうとせたがやくふなばし/しんめいじんじゃ)
ここの神輿は台輪2.3尺、昭和27年後藤直光作である。なかなか撮影にくるのが難儀な神社で(他社の日程と重なるので)久々に出かけてみた。10時半宮出しで、19時宮入りだそうである。丁度最寄り駅の小田急線千歳船橋駅に降り立った16時少し前に駅の近くに来ていたので容易に撮影できた。後藤神輿としては、そう大きな特徴は無いが台輪とかには特注の飾り金具で細工がされている。良い神輿なのに意外に知らなかったし、今でも知る人ぞ知る神輿で、地元の方は残念に思っておられるようだ。アクロス社の本でも取り上げたことは無いし、従来の神輿書籍にも収載されていない神輿だからだろう。
(斎藤力・さいとう つとむ)

 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008