茨城県笠間市岩間町/六所神社

 

 
 
 

2009

平成21年 11月6日(金)

茨城県笠間市岩間町/六所神社
(いばらぎけんかさましいわままち/ろくしょじんじゃ)
JR常磐線の岩間駅から歩いて10分ほどの杉木立の中に六所神社は鎮座している。祭礼は毎年11月の第一金土日に行われる。今日初日の金曜日に神社から神輿が出て当番町会のお仮屋に向かうというので行ってみた。
14時半から社殿で神事が行われて15時には宮出しする。境内には大きな獅子頭を前にして幌を纏った「やぐら」と呼ばれるお囃子屋台が各町から7台、山車2台が待っていて、神輿が担がれると、お囃子が奏でられ、社殿に一番近い「やぐら」から獅子頭が出て、神輿の出立に先立っての奉納舞いを行う。
神輿は先導の担ぎ太鼓の次に出発し、幾つかの「やぐら」が後に奉送する。神輿の前に一台だけ「やぐら」が先導で出て行き、そのまま先導する形だ。肝心の神輿だが昭和天皇御在位60年(昭和59年)に新調されたものらしく、台輪2尺足らずの小振りだが、彫金胴体の見栄えの良いものだ。これを細い二天棒で前後に各2名、計4人で担いでいく。一時間くらいで当番町会に着くそうだが、例によって先に退散した。
岩間の街並は随所に古い家が残り落ち着いてシックリするものだった。「やぐら」と称する獅子頭付の屋台風のものは写真などで見る石岡のものと似ているのだろう。初めて見たので神輿以上に興味をそそられた。こちらも地元のお祭りを全員参加で楽しんでいる様子が感じられ、楽しい撮影だった。
(斎藤力・さいとう つとむ)

 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008