千葉県千葉市花見川区畑野/子安神社

 

千葉県船橋市古和釜町/八王子神社

 

 
 

2009

平成21年 11月24日(火)

千葉県千葉市花見川区畑野/子安神社
(ちばけんちばしはなみがわくはたの/こやすじんじゃ)
七年祭で母親役の子安神社は、昨日磯出祭終了後のam8時に一旦還御している。その翌日の本日は奉祝祭・花流しとして本日畑野地域をまわる。10時に式典開始予定だが10時15分に始まり、10時45分に行列が出発した。勿論神輿はしんがりである。ビックリしたのは、行列の金棒役、手古舞役はじめ多くの参加者(子供)がまずは多いこと、衣装がきらびやかであること、お化粧を男女問わず綺麗に行っていること、親御さんも和装の方が大多数なことなど、数えれば枚挙にいとまのないほどの参加者と心意気を感じるものだった。他の神社と同様に神輿(台輪123センチ、宮本修復、元の制作年代不詳)は上下に2回揉んでから差し上げる形式を境内で行ってから宮出しとなった。氏子地域を少しだけ付いて回ったが、時節柄、紅葉も綺麗だったり、古き家並みだったりと絵になる地域だった。肝心の私の方はカメラが急に動かなくなって気が動転し、残念ながらビデオ、写真ともに生憎の戦果だったが、好天で社殿横の大幟もビクともしない無風の中、良い写真が撮れなかったのが心残りだった。神社はJR総武線新検見川駅から20分くらいで、今年の2月に別の神事で訪問したお宮さんなので方角は分っていたが、今日は写友M氏の車に便乗させていただいたので助かった。

千葉県船橋市古和釜町/八王子神社
(ちばけんふなばししこわかままち/はちおうじじんじゃ)
このお宮さんも今日も花流し渡御を行うと伺ったので、M氏の車に便乗した。国道296号線に面したお宮さんだが、神輿渋滞で動かないので、2村落の一つ(午前中渡御)の坪井(つぼい)地区に車を置かせていただいて、歩いて神輿を追いかけた。神輿はもう一つの村落である古和釜町の古和釜十字路で揉んだりしているところで発見し、2回目の休憩まで付いていった。旧道の一車線を使っているので、渋滞がスゴイ。神輿は本年新調したもので、平石装飾店作(浅子に勤めていた方の関連)、旧神輿を模したもので台輪3.9尺ほどの神輿だ。正面屋根に大きく「八王子」の装飾金文字が嵌められている。因みにお宮さんの神輿庫には旧神輿二世代が飾られていて、前作は2.5尺、前々作が3.9尺であったし、今回の新調神輿は、この先々代神輿をほぼそっくり模したようだ。大変元気の良い担ぎっぷりだったが、惜しむらくはもっと広い場所で存分に担げればよいのにと思った次第だ。
今回の七年祭を4日間連続して撮影したが、当初初めて七年祭に赴くので、混雑などで撮影には不安が一杯だったが、初期の目標の95%は達成できて正直ホッとした。
八王子神社は新京成電鉄の北習志野駅からのバスで「古和釜十字路」下車徒歩が一番近いということを神社からご教示いただいていた。
なお、余談ながら動かなくなったカメラをメーカー修理に出したら、原因はカメラの使いすぎで設計上の耐用を越えたのが原因だそうで、妙に納得できた。でも、そのような理由で突然動かなくなるなんて、考えてもいなかった初の体験だった。
(斎藤力・さいとう つとむ)

※12月は秩父夜祭りを予定しておりましたが、雨天のため取材中止。この原稿が2009年最終稿となります。

 

 

アクロス・祭り神輿倶楽部 TEL&FAX. 03-5494-1625         All rights reserved by Across Ltd., Japan. (C) Since 1.May.2008